事実上の外出禁止が3週目に入ったアメリカ・ニューヨークでは、週末に公園でくつろぐ人の姿が多く見られ、待機の長期化による課題が見えてきている。

桜の木の下、お花見をしている人たちがいた。

ニューヨークでは、運動目的の外出は認められているため、気温が上昇した週末には、セントラルパークに多くの人が出てきた。

トランプ大統領が、外出時にマスクを着用するよう推奨したため、ジョギングやサイクリングをする市民の中にも、マスクやスカーフを着用する姿が見られた。

また、3月23日から事実上の外出禁止措置になっているイギリスでも、運動のための外出が認められているため、この週末は多くの人が出歩いた。

ハンコック保健相は、メディアのインタビューに対して、「今後、屋外での運動を禁止する可能性もある」と、外出禁止の厳格化を検討していることを明らかにしている。

(2020/04/06)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み