新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円の現金給付を検討していることが分かりました。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は7日にも緊急の経済対策をまとめる方針です。そのなかで、収入が大幅に減った中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円の現金を給付し、減収分を補填する方向で検討していることが分かりました。予算は2兆円程度を想定していますが、給付の対象となる減収幅や給付額について最終調整が続いているということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み