麻生財務大臣と自民党の岸田政調会長が会談し、地方自治体が自由に使える1兆円規模の交付金を設けることで合意しました。

 自民党・岸田政調会長:「1兆円の臨時交付金、麻生副総理の方から了解したと、1兆円で調整するというお答えを頂きました」
 自民党は今週に取りまとめた新型コロナウイルスに関する経済対策への提言のなかで、地方自治体が地方の実情に応じて使える交付金を設けるよう求めています。3日の会談で麻生大臣と岸田政調会長は、1兆円規模の交付金を設けることで一致しました。今後、政府内で調整を進め、来週にまとめる緊急経済対策に盛り込まれることになります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み