中国のメディアは「過剰に自己批判する必要はない」などと報じ、新型コロナウイルスを巡る中国政府の初動対応への批判を払拭(ふっしょく)させようとするプロパガンダを強化しています。

 中国共産党の機関紙「人民日報」は、習近平国家主席が講じた新型コロナウイルスの感染拡大防止のための施策をまとめて報じました。また、中国中央テレビは「中国は2カ月から4カ月でウイルスを完全にコントロールした。医学の歴史上、未曽有のことだ」と感染症の専門家のコメントを報じました。さらに、「環球時報」は「中国の初動の遅れに対する批判があったが、今から見ると過剰に自己批判する必要はない」と伝え、世界で感染が拡大するのを尻目に中国政府の施策の正しさを強調する報道が相次いでいます。中国政府は4日、新型コロナウイルスによって亡くなった人々を国民全員で哀悼するとしています。新型コロナウイルスとの闘いに一定の区切りがついたと国内外にアピールし、習近平指導部の正当性を示す狙いです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み