巻くだけでウエストが細くなるという広告に根拠はありませんでした。

 美容機器メーカーの「ヤーマン」など4社は、電気で筋肉を刺激するベルトやローラーなどの商品について「ウエスト18センチサイズダウン」「30日間でこの変化」などと一定期間、使用するだけで効果が得られるかのような広告を行っていました。しかし、実際には効果について調査した人数が少なかったり、食事制限が疑われる例があったりして広告には根拠がありませんでした。消費者庁はこの広告が景品表示法に違反するとして4社に再発防止を命じました。4社は現在、こうした広告を行っていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み