4月1日から新年度です。新型コロナウイルスの拡大に伴う突然の一斉休校を経て春休みが明け、学校も間もなく再開される予定です。東京都教育委員会も新学期に向けてガイドラインを打ち出し、感染が拡大しないよう対策を呼び掛けています。

 児童や生徒は通学の際、始業時間や終業時間を公共の交通機関が混雑しない時間にする「時差通学」を当面の間行います。また、登校日を学年ごとに分ける「分散登校」も実施されるということです。

 校内では休み時間ごとに教室を換気し、子どもたちが手を触れるドアノブや手すりなどは1日1回以上、消毒液で掃除します。

新規コメントの書き込み