警察官が新型コロナウイルスに感染し、警察署に異例の立ち入り規制です。

 高知県警によりますと、宿毛警察署に勤務する40代の男性警察官は26日に関節の痛みを訴え、31日に新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。感染の拡大を防ぐため、高知県警は31日午前から宿毛署への立ち入りを規制しています。そのため免許証更新などの事務手続き業務は入り口付近に設置した臨時の窓口で対応しています。一部の警察官は宿毛署に残っていますが、通報への対応は自宅に待機している警察官が行っています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み