新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ビッグデータを活用します。

 竹本IT担当大臣:「例えばマスクにしましても、どこにいくらあるのか分からない。他国と比較してもデータが十分ない」
 竹本IT担当大臣は携帯電話各社やヤフーやグーグルなどのIT企業に対し、統計データの提供を要請すると表明しました。携帯電話の位置情報から人が密集している場所を把握し、クラスター対策に活用するほか、検索ワードの傾向から人の流れや物資の不足を把握したい考えです。データは個人の特定につながらないよう適切に処理されたものを扱うということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み