滋賀県東近江市の病院で人工呼吸器を外して男性患者を殺害したとして殺人の罪で懲役12年が確定し、服役した元看護助手・西山美香さんの再審裁判で大津地裁は、無罪の判決を言い渡しました。
判決で大津地裁は患者が自然死した可能性に触れ「事件性を認める証拠すらない」として弁護側の主張を認めました。
西山さんの無罪がこのまま確定するものとみられます。

新規コメントの書き込み