週明け3月30日の東京株式市場は、新型コロナウイルスの感染拡大で東京都が都市封鎖されかねないという警戒心から売り注文が強まり、日経平均株価は300円ほど値を下げて取引を終えました。

新規コメントの書き込み