新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ロシアの首都モスクワで外出禁止令の実施が始まりました。

 モスクワ市のソビャーニン市長は29日、すべての市民を対象に30日から自宅での隔離を義務付けると発表しました。例外として通勤、そして、食料品店と薬局での買い物などについては外出を認めるとしています。ロシア政府はすでに外国人の原則入国禁止やほぼすべての国際線の運航停止などの厳しい措置を取っています。それでも感染拡大に歯止めが掛からず、29日には新たに270人の感染者が確認されています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み