集団感染が確認された千葉県の障害者福祉施設で新たに入所者や職員の家族合わせて28人が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。

 千葉県によりますと、集団感染が確認された東庄町にある障害者福祉施設「北総育成園」では、28日の58人に続いて29日に新たに入所者や職員の家族28人の感染が確認されました。このうち20人は無症状だった入所者で、8人が職員の家族だということです。また、すでに感染が確認されていた入所者のなかで入院が必要な4人には脱水症状があり、40代の男性には肺炎の疑いがあるということです。一方、千葉市などは市内の「ほのぼのたんぽぽほいくえん」に勤務する20代の女性保育士の感染が確認されたと発表しました。保育士は3月上旬からせきが出て、27日までマスクをして勤務していました。濃厚接触者の職員34人については検査中です。園児は自宅で健康観察を続け、症状が出たり保護者から要望があれば順次、検査を行うということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み