世界中でマスクが不足するなか、アメリカではアパレル大手が相次いでマスクの製造に乗り出しています。

 カジュアルウェア大手のGAPは、カリフォルニア州の医療機関向けにマスクや医療用のガウンなどを製造します。メジャーリーグの公式ユニホームを提供するファナティクスも、ユニホームの生地で最大100万枚のマスクなどを作ることを明らかにしました。また、世界でユニクロを展開するファーストリテイリングは、マスクを1000万枚規模で調達して各国に寄贈する予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み