東京・築地の国立がん研究センターの看護師2人が、新型コロナウイルスに感染していることがわかった。

がん研究センターによると、感染が確認されたのは、中央病院の同じ病棟に勤める看護師2人で、味覚や嗅覚が感じられないとの障害がみられたため、PCR検査をしたところ、陽性と判明した。

また、慶應義塾大学病院でも、新たに患者1人と看護師2人の感染が確認されたということで、これまでに感染が確認された4人とあわせて、感染者は7人となった。

また、千葉県では、県内の障害者施設に勤務する40代の女性職員の感染が新たに確認されたが、この施設の職員や利用者37人に発熱の症状が出ていて、現在検査を実施しているという。

(2020/03/28)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み