河野防衛大臣は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、自衛隊に災害派遣命令を出して検疫支援などにあたるよう指示しました。

 河野防衛大臣:「成田、羽田に帰ってこられる帰国者の方、あまりお待たせしないように、また、停留している間、それなりに快適に過ごして頂けるようにしていきたい」
 成田空港には28日、約10人の医官らが派遣されました。感染が深刻化している国や地域から帰国した人への検疫業務にあたります。また、PCR検査の結果が出るまでの間、一時待機する人たちを宿泊施設まで移送するほか、施設内での生活支援も行う予定です。河野大臣は生活支援にあたる隊員約30人に対して「一人も感染しないよう任務を完遂してほしい」などと激励しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み