お花見もままならないこの春にお届けする桜の絶景です。

一面が黄色に染まった菜の花畑。その先にあるのは1本の桜の木。

神奈川県秦野市にある淡墨桜です。

夜になると景色は一変。光に照らされ闇の中に美しく浮かび上がります。

この淡墨桜は日本三大桜にも数えられる岐阜県根尾谷にある淡墨桜の子孫です。

この地に薄墨桜を植えた猪股義晴さん、およそ25年前に岐阜県の知人から高さ1メートルの苗木を譲り受け自宅の畑の隅に植えたのが始まり。

木はすぐに成長したものの25年間は花があまり咲かない状態。あきらめの気持ちが伝わったのか5年前、突然全体に見事な花をつけ始めたそうです。


FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み