新型コロナウイルスとの闘いに、世界の有名企業が支援に乗り出す。

青い地球をイメージした、28日の東京スカイツリー。

世界的に広がる新型コロナウイルス感染症に打ち勝とうという思いを込めた演出。

天望デッキには、「みんなで打ち勝とう」というメッセージが。

その言葉が今、現実となりつつある。

高級ダウンを扱うファッションブランド・カナダグースのインスタグラムの投稿動画。

動画には、「われわれは、誇りを持って“装備”を製造している。カナダの第一線で働く医療従事者のために」というメッセージが。

カナダグースはダウンではなく、世界的に不足する医療用の白衣と患者用のガウンを来週から1万着生産し、寄付するとしている。

さらに、フランスの高級ブランド・LVMHは、クリスチャンディオール、ジバンシー、ゲランの3ブランドの香水や化粧品工場で消毒液を製造。

病院などへ無償提供するほか、流通ネットワークを駆使して4,000万枚のマスクを調達、供給するとしている。

感染者が1万4,000人を超えるイギリスでは、治療に必要な人工呼吸器の不足に備え、国を挙げて増産態勢を強化。

ロイター通信によると、イギリスの大手家電メーカー・ダイソンは10日前、ジョンソン首相からの依頼を受け、新たな人工呼吸器の開発に乗り出した。

発注は1万台。

ダイソン社が持つ掃除機モーターなどの技術を応用し、審査を待って、早ければ4月初めから製造に着手するとしている。

また、イギリス政府は、イギリス国内に工場を持つ日本の自動車メーカーに対しても支援を要請している。

ホンダは、FNNの取材に対し、医療機器製造サポートの可能性について、イギリス政府から連絡を受けていると回答。

同じくイギリス国内に工場を持つ日産自動車にも打診があり、現在、検討中としている。

見えない敵との戦いに、業種や国境を超えた支援の輪が広がっている。

(2020/03/28)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み