新型コロナウイルスの感染拡大を受け、首都・東京では、不要不急の外出自粛を求めた週末が始まり、街は厳戒ムードに包まれている。

28日午前11時50分現在の東京・渋谷の情報カメラの映像。

普段は横断歩道が隠れるほど人混みであふれるスクランブル交差点だが、通行人の姿はあまり見られない。

女性「(人出は)かなり少ないと思う。(きょうは)10分の1とか」

普段は多くの若者でにぎわう「渋谷109」も、28日はシャッターが下ろされ、休館となっている。

また、東京・原宿でも、「土日は歩きづらいくらい人がいる。全然、人がいない」といった声が聞かれた。

銀座でも、松屋銀座本店が休館し、三越では営業時間を短縮するなどの措置がとられており、人の往来も少なくなっている。

また、満開を迎えた上野公園。

2019年は、1日平均20万以上の花見客でにぎわったが、28日は人の姿はあまり見られない。

先週末は、各地で多くの人が外出していたが、1都4県の知事らが呼びかけた外出自粛に対して、市民が呼応したもよう。

一方、都内のスーパーでは、28日朝は目立った混雑などは見られていない。

買い物客「気にして、ちょっと多めに買っておこうかなと」、「平日はやっぱり仕事しているので、どうしても土日に買わないといけない。その都度、買えばいいのかなぐらいで考えている」

店では、一部商品の棚への補充が間に合わず、作業に追われる様子も見られたが、在庫を普段よりも多く確保して対応している。

(2020/03/28)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み