「マスクを入荷します」と嘘の宣伝をしていました。

 大手ドラッグストアなど2社は、チラシにマスクを大きく掲載し、マスクが入荷され、販売できるかのように宣伝していました。しかし、実際にはマスクの入荷はなく、販売もできませんでした。2社は「もともと入荷を予定してチラシを作ったが、入荷できなかった。作ったチラシをそのまま配ってしまった」などと説明しているということです。新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの供給が逼迫(ひっぱく)するなか、消費者庁はこのような宣伝が景品表示法が禁じる「おとり広告」にあたる恐れがあるとして再発防止を指導しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み