K-1 JAPAN GROUPに対して上がる厳しい声。

埼玉県で格闘技イベントの開催を強行したばかりのK-1 JAPAN GROUP。

28日には、東京で「Krush」という格闘技イベントを開催するとしている。

これに東京都は、開催の自粛を要請。

しかし、主催者側は「最大限の予防策・施策を講じて大会を開催する予定です」として、自粛要請には応じることなく、今回も開催を強行する構え。

では、そのウイルス対策については観客側にどう説明しているのか。

ウェブサイトを確認してみると。

予防策に関する記載はまだなく、その一方で、出場予定だったアルメニアの選手が、来日不可能になったとの説明が。

しかし、これも新型コロナの影響なのかどうかは触れられていない。

こうした主催側の姿勢には疑問の声が。

街の人「最善は事前告知で『マスクしてください』などするのがいい」、「ウェブサイトで掲載すべきじゃないか」

今回イベントが行われるのは、東京・文京区にある格闘技の聖地「後楽園ホール」。

最大収容人数は2,005人。

一部の座席は、ベンチタイプで仕切りはない。

会場に足を運んだことがあるという人は「大声で声出して応援したり、どうしてもつばとかでちゃったりする。そこはリスクが高い」と話した。

ボクシングの試合が行われたときの写真。

リングの奥、ベンチに座る観客同士は、肩と肩が触れ合う距離。

もし、このような状況で感染者がいたら、後楽園ホールがクラスター化するおそれもある。

その場合、影響は会場の外にも。

東京ドームのすぐ近くにある後楽園ホール。

試合を観戦した人は、後楽園駅を含めて3つの駅から帰宅することになる。

後楽園ホールに近い3つの駅には、それぞれ別の路線が走っている。

こうした、複数の路線を通して、感染がさらに広がる可能性もある。

イベント開催に付きまとう感染拡大リスク。

自粛だけでは限界なのではという声も上がる中、ネット上では「非常事態宣言をして、強制力をもって大規模イベント等を禁止にすべき」という意見も。

国が緊急事態宣言を出した場合、イベントを強制的に中止できるが、政府も宣言を出す状況ではないとの認識を示している。

自粛か、強制か。

日本社会は、厳しい対応を迫られている。

(2020/03/25)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み