安倍首相は24日夜、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長と電話で会談し、この夏に予定されている東京オリンピックの開催を1年程度延期する方針を確認した。

電話会談に同席した小池東京都知事は会見で、1年延期が決まったことについて、「ゴールが具体的になった」と述べた。

小池都知事は、「2021年の夏までというゴールが具体的になった。選手の皆さんにとっても、具体的な目安ができるということも大きいのではないか」と述べた。

東京都の小池知事は、東京大会について、中止ではなくおおむね1年の延期で、IOC、国、組織委員会、東京都が合意できたことを評価した。

また、大会の名称は「東京2020」のまま変更しないことも明らかにした。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み