新型コロナウイルス感染拡大防止のために続いている一斉休校について文部科学省は24日、学校の再開に向けたガイドラインを公表しました。

文部科学省はガイドラインで、換気の悪い密閉空間に、多くの人が密集し、近い距離での会話を避けることが重要と指摘したうえで、教室の換気やマスクの着用の徹底を指示しました。
また、毎朝の検温や、手洗いや咳エチケットの指導を行ったかなどの留意点をまとめた教職員向けのチェックリストを配布しました。
新学期以降に臨時休校する場合の指針もあわせて公表し、地域の感染拡大の状況などを踏まえて、感染者や濃厚接触者を出席停止とするか、休校とするかは各自治体に判断を委ねました。
萩生田文部科学大臣は、爆発的な患者の急増、いわゆるオーバーシュートが発生した場合、国から改めて休校を要請する可能性があるとの考えを示しました。

萩生田文部科学大臣「一人一人の「行動変容」「行動の自粛の呼びかけ」が必要な厳しい状況に変わりはありません。春休みの期間も含めて、引き続き警戒を緩めることなく準備をさせていただきたい」

新規コメントの書き込み