大会組織員会は、当面、聖火ランナーによるリレーを見送る方針を固めた。

大会関係者によると、IOC(国際オリンピック委員会)が大会の延期を含めた判断をするまで、大会組織委員会は、トーチを使った聖火ランナーによるリレーを見送る方針を固めた。

代わりに、聖火をともしたランタンを車で巡回させる案が有力で、関係者によると、県庁や市役所、セレブレーション会場などをまわって展示し、展示場所にランナーに集まってもらい、記念撮影などを実施する方向で調整しているという。

グランドスタートは規模を縮小し、なでしこジャパンは参加しない方向。

24日午後以降、正式に発表される見通し。

(2020/03/24)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み