病院のマスク不足が解消に向かうのでしょうか。

 都内にある病院には23日午後、国が買い上げた医療用マスク1万枚が届けられました。この病院では、従来は月間6万枚のマスクを使っていましたが、現在、一般病棟では一人1日1枚に節約して使っています。
 都立駒込病院・齋藤善照事務局長:「一刻も早くこういう事態が解消されて、現場で安心して医療が提供できるような態勢ができれば良いなと」
 国は今後、医療機関向けにマスク1500万枚を供給する方針ですが、各地の病院では依然、マスク不足の状態が続いています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み