東京都はきょう、感染症対策会議を開き、都が主催する大規模なイベントの延期や中止を来月12日まで続けると発表しました。

小池都知事「首都・東京で大規模なクラスター(感染者集団)が起きることが考えられ、それが全国に波及する
ことからも、引き続き重要な局面にあるという認識が必要」

休校が続いている学校については、感染予防対策を取ったうえで、新学期の開始を目指し準備するよう都立学校に通知するとしています。

各地のレジャー施設では、きょうから営業を再開する動きも。
横浜市の八景島シーパラダイスは先月末から臨時休業していましたが、きょうから水族館の営業を再開しました。

安達記者「園内に入る入口では、スタッフが客1人1人の体温をチェックしています」

入口ではサーモグラフィーカメラで従業員や客の体温を測っていて、37度5分以上の熱があれば園内に入ることが出来ません。また、チケット売場やレストランなど64ヵ所に消毒薬を設置。
水族館の中では、2時間おきに手すりを消毒し、換気のために非常口を開けるなど様々な対策を行っています。

客「消毒も大事だけど、気分転換に子どもたちがリラックス出来れば」
客「全部自粛はさびしい。しっかり対策して(営業)できればいい」

東京・稲城市のよみうりランドでは…

峰村記者「こちらの植物園は、新型コロナウイルスの影響でオープンが延期されていましたが、きょうから
入場できるようになりました」

新しい植物園がきょうオープン。
こちらでも、施設の入口で検温したり、客にアルコール消毒を促すなど感染防止対策が取られています。
また、ジェットコースターなど一部の屋外アトラクションもきょうから営業を再開。

峰村記者「感染予防のため、待機列には間隔を開けるための印が書いてあります」

よみうりランド・山田さん「1日も早く全面的に開けられるように対策を練っていきたい」

和歌山のアドベンチャーワールドでも、およそ3週間ぶりにパンダの展示を再開しました。屋外からパンダを観ることは出来ますが、屋内の観覧エリアは休止しています。
こうしたレジャー施設の再開について和田教授は…

国際医療福祉大学・和田耕治教授
「屋外の活動に関しては感染のリスクは低いので、基本的な手洗いとか具合の悪い方は絶対外に出ないとかやっていただくことで(営業を)できないことはない。まだまだ人の行動が増えれば増えるほど感染がいつでも広がりうる状況。なるべく不要不急のものに関してはやめていただきたい」

新規コメントの書き込み