森友学園に関する財務省の文書改ざん問題を巡り、政府が「再調査しない」としたことに対し、自殺した近畿財務局職員の妻が文書で抗議しました。ただ、政府は改めて再調査しない考えを示しました。

 妻が公開した文書には「安倍首相は国会の発言で改ざんが始まる原因をつくりました」としたうえで、遺書が公開された後も「再調査しない」とする政府の姿勢を批判しています。
 社民党・福島党首:「(再調査)しないと言ったことに本当に怒っていて、(政府は)調査される立場です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み