IOC(国際オリンピック委員会)は東京オリンピックの開催について、延期も含めた検討に入ると発表しました。4週間以内に結論を出すとしています。

 IOCは22日に臨時の理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を考慮して東京オリンピックの開幕日の延期や大会の実施計画の変更について議論を始めることを決めました。大会の中止については議題になっていないと表明したうえで、日本の組織委員会や東京都などと協議して4週間以内に結論を出すとしています。また、延期した場合の課題について、使用する予定の多くの施設が使えなくなる可能性があることや他の国際的なスポーツ競技会との日程調整が必要なことなどを挙げています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み