政府は新型コロナウイルスの感染が急拡大するアメリカからの入国者について、日本人を含めて入国後14日間、自宅などで待機することを要請する方針を固めました。

 政府はアメリカからの入国者に対する水際対策を強化するため、入国者に対して自宅やホテルなどで14日間の自主的な待機を要請することを検討しています。国内では公共交通機関を利用しないよう求める方針です。期限は来月末までを予定していて、週内に運用を始めたい考えです。政府は今月23日にも国家安全保障会議を開催してこれらの措置を決定し、安倍総理大臣が表明することにしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み