自民党の岸田政調会長は、都内で記者団に対し、新型コロナウイルスをめぐる緊急経済対策について、現金給付が有力な手段であるとの認識を示しました。

自民党・岸田政調会長「スピード感等も考えた時に、国民に直接届く、そして手元流動性が残る、現金給付等は有力な手段ではないかと思っている」

その上で、リーマン・ショック時の経済対策を上回る財政規模が必要だとも述べました。

新規コメントの書き込み