新型コロナウイルスの感染者は日本国内でも増えています。大阪府豊中市では70代の男性が死亡しました。

 死亡したのは10日に感染が確認された豊中市の70代の男性です。男性には持病があり、6日に発熱と肺炎の症状が出て重症でした。大阪府での新型コロナウイルスによる死者は2人目です。
 大分市では新たに20代の女性と50代の女性の2人の感染が確認されました。いずれも院内感染が広がっている大分医療センターの看護師だということです。この施設に関連する感染者は14人になりました。
 神奈川県藤沢市では新たに3人が感染しました。このうち20代の男性は16日にスペインから羽田空港に帰国し、その後に公共交通機関を利用して帰宅していました。スペインでの感染が疑われるということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み