イギリスの陸上競技連盟の会長が「選手たちは十分に練習できない環境で大きなストレスにさらされている」とし、東京オリンピックを延期すべきと表明しました。

 イギリス陸上競技連盟のカワード会長は、イギリスの新聞「テレグラフ」紙のインタビューに答え、「オリンピックとパラリンピックは予定通り開催できないという決断が下されなければならない」と話し、延期すべきという考えを示しました。政府の決定で練習場所の閉鎖が相次ぐなか、選手は非常に大きなストレスを感じているとしています。カワード会長は選手たちの状況をIOC(国際オリンピック委員会)が理解したうえで、速やかに結論を出すように求めています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み