19日の専門家会議等を受け、この3連休各地で営業を再開した施設が増えている。

ジェットコースターの乗り場にできた長い列。

2月29日から休園していた東京の遊園地「としまえん」が、21日から営業を再開した。

新型コロナウイルスの感染が拡大している中、3週間ぶりに営業を再開したとしまえんでは、多くの人でにぎわっていた。

入園の際は、テントの中で1人ひとり体温を測り、手をアルコールで消毒してから園内に入る。

アトラクションは、2時間おきに消毒。

ミラーハウスなど屋内の施設は引き続き、休止としている。

来園者「僕は、これをやりたいために来たけれど、やっていなくて寂しいです」

事業企画部・宮内靖代さん「(アトラクションは)1メートル以上の間隔を空けて、近くならないよう対策している」

としまえんは、桜の名所としても知られていて、多くの人たちが、桜の下でお弁当を広げていた。

来園者「楽しい」、「久々に外に出て遊べるので、ギリギリまで遊ぶと思います」

21日は、横浜市の八景島シーパラダイスでも、一部の施設で営業を再開した。

来場者「ようやく待ちに待った解禁の日」、「ずっと休みだったのが、やっと乗れて楽しい」

再開されたのは、乗り物を楽しむ「プレジャーランド」と呼ばれるエリアで、入り口に体温を測るサーモグラフィーを設置した。

水族館については、感染予防対策を講じたうえで、23日の月曜日から再開するという。

緊急事態宣言が終わった北海道でも、この3連休、営業を再開する観光施設が増えている。

20日から一部が再開された「さっぽろテレビ塔」では、土産を買い求める観光客の姿があった。

愛知・名古屋市では、市の要請を受け休業していたデイサービス施設の多くが、21日から利用者の受け入れを再開した。

デイサービス鳴子・熊田光臣代表理事「安全宣言が出たわけではないので、その分の緊張感がある」

名古屋市では、デイサービスを利用する高齢者らの間で感染が広がった。

21日、施設に来たデイサービス利用者は、「知った顔の人から、『おはよう、おはよう』と言われて、うれしい」と話していた。

そうした中、政府は、水際対策を強化するため、21日から入国制限の対象にヨーロッパ諸国など38カ国を追加した。

ヨーロッパから21日、帰国した人は…。

留学でスウェーデンに滞在の男性「6月上旬に帰る予定だった。緊急的に留学を中断して、早めに帰ってきた」

対象国から入国した人は、発熱などの症状がなくても、2週間は自宅、または宿泊施設で待機し、公共交通機関は利用しないよう要請される。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み