安全運転なら保険料を一部キャッシュバック。

判定するのはAI。

インターネット保険会社「ソニー損害保険」がスタートした新サービス。

安全運転なら30%キャッシュバックされるということだが、その特徴はAIを活用した運転特性の判定方法にあった。

スマホにAIを搭載した専用アプリをインストールすると、運転中のアクセルやブレーキ、ハンドル操作などの状況を計測し、安全運転度を5段階でランク付けする。

このランクに応じてキャッシュバック率が決まり、最高のSランクでは、30%の保険料が返ってくる。

どういった運転が安全と評価されるのか。

ソニー損害保険 ダイレクトマーケティング部・石井英介部長「わかりやすく言うと、赤ちゃんを乗せているつもりで運転してもらうと、皆さんスコアが上がる傾向」

急ブレーキや急ハンドルを繰り返すと点数が減ってしまうが、安全走行を重ねればランクアップが可能。

さらに、走行後、運転スコアに影響する操作が行われた場所の確認やアドバイスを見ることができる。

ソニー損保が実際に行った実証実験では、計測データを確認したドライバーの方が、しなかった人に比べて、およそ15%の事故率の低下が見込めたという。

運転スコア向上でキャッシュバック率アップを目指してもらうとともに、事故リスクの低減も目指すとしている。

ネット保険全体は、大手保険会社に比べて10%余りのシェアしかない中、ソニーグループ3社がタッグを組んで実現したこのサービス。

技術、通信、保険、それぞれの強みを生かし、市場を広げる狙い。

ソニー損害保険 ダイレクトマーケティング部・石井英介部長「IT・テクノロジーと保険を掛け合わせた形で、どんどん保険のいろんな商品を出していければ」

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み