新型コロナウイルスの感染拡大を受け、アメリカの水泳連盟はアメリカのオリンピック委員会に対して「東京オリンピックを1年延期すべきだ」と訴えました。

 アメリカ水泳連盟は20日、アメリカのオリンピック・パラリンピック委員会宛ての書簡で「新型コロナウイルスの世界的な感染の広がりで、選手たちはすさまじいプレッシャーや不安にさらされている」と窮状を訴えました。そのうえで、「この世界的な危機のなかで、この夏の実施を推し進めるのは正しい答えではない」とし、東京オリンピックの1年延期を支持するよう要望しました。フランスの水泳連盟からも「選手は練習の場所もなく、延期は必然だ」という声が上がっています。代表選手の選出や派遣を担う競技連盟からも開催時期を巡って不満が高まっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み