世界的に新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、茂木外務大臣は中国の王毅外相、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相とテレビ会議を行い、3カ国のさらなる協力を確認しました。

 茂木外務大臣:「水際対策を取るうえでは、関係国間の情報共有が重要で、これからよく意思疎通をしていきたい」
 会談では、水際対策について一定期間、各国が対策を行うことは必要で、それぞれが慎重かつ適切に措置を取っているとの認識で一致しました。また、事態を収束させるために日中韓3カ国で保健担当大臣の電話会議を早期に開催することで合意しました。
 一方、東京オリンピック・パラリンピックについて茂木大臣から「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証として、完全な形で実施したい」と伝えたところ、中韓両国から支持を得たということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み