日本人観光客にも大人気のハワイに上陸した新型コロナウイルス。

ハワイ州知事のデービッド・イゲ知事は「バカンスを30日間延期してください」と、異例の要請に踏み切った。

羽田から直行便でおよそ7時間。
ワイキキビーチやダイヤモンドヘッドで有名な世界的リゾート、ハワイ。

この常夏の島に今、暗い影が。

デービッド・イゲ知事「わたしは、ゲストの皆さんにバカンスを少なくとも30日間は延期していただき、後日、再スケジュールを組むよう強く要請します」

ハワイ州のデービッド・イゲ知事は17日、感染経路が不明な感染者が確認されたため、住民の安全を第一に、旅行者の渡航を少なくとも30日間自粛するよう異例の要請を行った。

ハワイ州の感染者は19日時点で26人。

異例の要請にハワイ在住の20代女性は、「ハワイは高齢者が多くて、地域の集まりも密接なので、知事の決断は素晴らしいと思う」と話した。

一方、新型ウイルスの上陸は、地元経済を圧迫し始めていた。

普段は多くの日本人観光客でごった返すワイキキビーチも、日本人観光客の姿はまばら。

さらにルイ・ヴィトンやティファニーなど、高級ブランド店は軒並み休業。

レストランは営業しているが、貼り紙には「テークアウトのみ対応」と書かれていた。

20日から店内での飲食が禁止になるためで、夜営業の居酒屋では、急きょランチのテークアウトを始めることに。

居酒屋オーナー「急にお客さんの足が止まって、売り上げも半分以下になり、お弁当とかを新しくメニューを作って、何とかそれでしのげればと思って…」

バカンスを楽しみに来ていた日本人観光客からは、「いよいよ大ごとになってきたなと」、「ハワイは大丈夫だと思っていたので」、「あんまり観光っていう観光が…。ショッピングがあんまりできないかなって感じですね」などの声が聞かれた。

(2020/03/20)


FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み