新型コロナウイルスは夫婦関係にも影を落としています。

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まりつつあるとされる中国で、離婚を考える夫婦が増えていると話題になっています。感染防止対策で窓口が閉まっていた間、手続きができなかった人が各地の離婚受付窓口に殺到しているということです。長期間の自宅隔離や在宅勤務で、夫婦がともに過ごす時間が長くなってストレスがたまり、夫婦げんかが増えていると指摘する声もあります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み