森友学園への土地売却を巡る文書を財務省が改ざんした問題で、「佐川理財局長の指示だった」とする近畿財務局職員の手記が18日に公開されましたが、麻生財務大臣は改めて再調査の考えはないことを示しました。

 麻生財務大臣:「手記に基づいて新たな事実が判明したとはまだ読んでないから分かりませんが、大きな乖離(かいり)があるであろうとは考えていない」
 財務省による文書改ざん問題を巡っては近畿財務局の職員が自殺し、遺族が18日に職員の手記を公開するとともに国や当時の佐川局長を相手取って提訴しました。手記では文書の改ざんは「すべて佐川局長の指示」だったと記されていますが、財務省は当時、佐川局長らから明確な指示があったとは認めていません。麻生大臣は「調査はし尽くした」として、再調査することは否定しました。また、遺族の提訴については「個別の話は裁判でする」とも述べました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み