「考え方に党とギャップがある」と話し、離党する考えを表明しました。

 立憲民主党の山尾志桜里衆議院議員は記者会見を開き、離党する考えを表明しました。山尾氏は、先週、成立した新型コロナウイルスの感染拡大に対応するための特措法改正を巡って、党の方針に反して反対票を投じました。これに対して執行部は、山尾氏から事情を聴いたうえで処分について検討するとしていました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み