東京では14日に、観測史上最も早く桜が開花しました。
しかしいま、新型コロナウイルスの影響で、花見の自粛要請が相次いでいます。
そんな自粛ムードの中でも、花見気分を味わってもらおうという動きが広がっています。

東京駅構内の生花店。店頭には淡いピンクの桜がずらり。4種類の桜を期間限定で販売しています。
さらに、自宅で花見が出来るようにと枝付きの桜を中心とした花束を販売。
価格は「花見」に ちなんで873円から。売れ行きは好調のようです。

客「妊娠中なので外に出たくない。家で花見できる方が安心」
客「母の誕生日プレゼントに買った。気持ちが明るくなる」
青山フラワーマーケット東京グランスタ店 武藤由季さん「家でも気軽に花見をしていただけるように」

花見は“花より団子”という人には、こちら。
坪内記者「新型肺炎で外出を控える方もいらっしゃると思いますが、家にいながらにして花見が楽しめるサービスがこちらです」
プロの調理師が、自宅にやってきて料理を作る出張サービス。
家庭で花見を楽しんでもらおうと、特別メニューを提供しています。

レンコンに桜の塩漬けをあしらったマリネや、タケノコと菜の花の手まりおにぎりなど、お花見気分を楽しめる5品。料金には材料費や買い物の代行も含まれています。

シェアダイン 飯田陽狩CEO「花見に行けなくなってしまった方、長時間花見を楽しめない方に利用してほしい」

こちらの料理人の出張サービス、通常は、主に家庭の食材で数日分の作り置き料理を作っています。
新型コロナウイルスの影響で、休校や在宅勤務が増えたことから、注目を集めています。

シェアダイン 飯田陽狩CEO「先月末ぐらいから利用数が急増。前年比4倍」

自粛するばかりではなく、工夫して楽しむことが必要なようです。

新規コメントの書き込み