作業服の販売店が女性の入りやすいお店に変身します。

 作業用品専門店のワークマンは、開店直後と夕方を建設業などのプロ向け、その他の時間で女性をターゲットとする店をオープンさせます。マネキンの背景を変えることで、違った使い方を提案します。ショッピングモールの店舗では作業用の雨具をアウトドアウェアとして買う人が多く、客の半数以上が女性です。主にプロ向けの店舗でも同じ商品が買えることをアピールする狙いです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み