新型コロナウイルスに感染した後、「ウイルスをばらまく」と知人らに言い残して飲食店に立ち寄った愛知県蒲郡市の50代の男性が18日、死亡したことが分かりました。

 蒲郡市内の50代の男性は4日、新型コロナウイルスの感染が確認され、自宅待機を指示されていたにもかかわらず、「ウイルスをばらまく」などと知人らに言い残して複数の飲食店に立ち寄っていました。男性はその後、県内の病院に入院していましたが、関係者によりますと、18日に死亡したということです。男性が立ち寄った飲食店は営業自粛を余儀なくされたことなどから、愛知県警は男性の業務妨害容疑を視野に捜査を進めていました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み