アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と呼んだことに対し、中国政府は「顔に泥を塗った」と激しく抗議しました。

 中国の外務省は17日の会見で、トランプ大統領がツイッターで使った「中国ウイルス」という表現について「中国の顔に泥を塗った」「強烈な憤りを表明する」と述べて批判しました。外務省の報道官は「WHO(世界保健機関)と国際社会はウイルスを特定の国や地域に関連付けることに明確に反対している」と指摘し、「中国への理由なき非難を直ちにやめてほしい」と訴えました。しかし、この会見の後もトランプ大統領は「中国ウイルス」と呼び続けています。この非難の応酬は中国外務省の報道官が先日、「アメリカ軍がウイルスを武漢に持ち込んだ」とツイートしたことから激しくなっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み