国会で与野党の幹部が会談し、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するために政府を含めた協議会を作り、一体となって対策を検討していくことで合意しました。

 自民党・二階幹事長:「お互いに協力し合って立ち向かい、この被害を最小限に抑えるよう努力しようということで一致した」
 立憲民主党・福山幹事長:「野党の要望、要請をしっかりと政府・与党に受け止めて頂いて、補正予算の編成等に十分に反映できるよう」
 会談には自民、公明両党のほか、立憲民主党や国民民主党など野党5党1会派の幹事長らが参加しました。そのなかで、景気の低迷に苦しむ企業の資金調達や必要な医療体制の整備など幅広い問題への対応について協議していくことで合意しました。共産党の小池晃書記局長も「政策や立場の違いはあるが、コロナ対策を議論する場には意義がある」と述べました。名称は「新型コロナウイルス対策政府・与野党連絡協議会」となる見込みです。構成メンバーはまだ決まっていませんが、与野党は今週中に1回目の会議を開くことで調整しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み