キャリー・ラム行政長官は本日の記者会見で、19日(木)より全ての国から香港への入境者は14日間の強制隔離あるいは医学的監視の対象となるとして、全ての香港居民に対して不要不急の渡航は避けるよう呼び掛けました。


また、早ければ本日中に、香港政府が全ての国(中国本土、台湾、マカオを除く)への渡航に対して、赤色警告(重大な脅威)を発令するとも発表しました。


加えて、キャリー・ラム行政長官は、4月20日の学校完全再開は難しいと述べました。


香港の感染者数は昨日より9人増え157人、うち退院者数は87人となっています。

提供元:hongkong-bs.com

新規コメントの書き込み