ドライブスルーに加え、ウォーキングスルーでも検査します。
 
 韓国・ソウルの病院では新型コロナウイルスの感染を確認する、いわゆる「ウォーキングスルー」方式での検査が始まりました。患者は1人ずつ歩いて透明のブースに入り、その後、医師が外側から検体を採取し、3分ほどで検査が終了します。一日あたり70人ほどの検査が可能で、医師と患者の飛沫(ひまつ)感染のリスクを軽減できるとしています。韓国ではすでに「ドライブスルー」方式での検査が実施されていますが、病院側は「車のない患者や高齢者も便利で安全に検査を受けられる」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み