東京電力の福島第一原発で増え続ける放射性物質のトリチウムを含んだ水の処分方法について、経済産業省は来月6日に福島市で地元関係者らに意見を聞くことを発表しました。

 福島第一原発の汚染水は、放射性物質の大半を浄化処理してタンクにため続けられています。この水には取り除けない放射性物質のトリチウムが含まれています。これまで国内の原発では基準値以下のトリチウムを含む水を海に放出してきた経緯があります。有識者会議は、福島第一原発の水も海洋放出が「確実に実施できる」とした報告書をまとめています。これを受け、梶山経済産業大臣は来月6日に福島市で地元の自治体や漁業関係者などに意見を聞く会を開催すると発表しました。今の計画では2年後の夏にタンクを保管するスペースが限界を迎えます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み