東京オリンピック・パラリンピックへの新型コロナウイルスの影響が懸念されるなか、IOC(国際オリンピック委員会)が17日に臨時の理事会を開くことが分かりました。

 日本の政府関係者によりますと、IOCは17日、電話による緊急会合を開きます。新型コロナウイルスの感染拡大で東京オリンピックの延期や中止への懸念が高まるなか、どのような議論が行われるかが注目されます。また、IOCは会合の後、各競技団体などと電話で協議し、状況を説明するとみられます。一方、オーストラリアの新聞はIOCのコーツ委員長が東京オリンピックの開催判断について、期限は設けないという考えを示したと報じました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み