アメリカのトランプ大統領は16日、新型コロナウイルスの感染拡大が沈静化する時期の見通しについて、「感染予防に今後しっかり取り組めば、7月から8月頃にはアメリカ国内での感染拡大が落ち着く見通しだ」と述べました。
その上でトランプ大統領は、感染の拡大を防ぐため10人を超える集まりや旅行、レストランやバーでの外食などを、今後15日間自粛するよう呼びかけました。
また、今後のアメリカ経済が景気後退に陥る可能性については「あるかもしれない」とした上で、新型コロナウイルスの感染拡大が食い止められれば、「株価も景気も急上昇する」と述べました。
#新型コロナ#アメリカ#トランプ大統領#景気後退#ダウ

新規コメントの書き込み