経済対策として必要性が議論されている「消費税率の引き下げ」には否定的な考えを示しました。

 自民党・岸田政調会長:「消費税については決して議論を避けるわけではありませんが、色々、逆進性であったり難しさもあるのではないか」
 自民党の岸田政調会長は、緊急の経済対策として消費減税は必ずしも生活に困っている人だけが恩恵を受けるものではないなどと否定的な考えを示しました。一方で、生活支援のための直接給付や減税措置について引き続き議論していくと話しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み